吉祥寺のクラフトビールならP2B Haus (ピーツービーハウス)

吉祥寺のクラフトビールならP2B Haus (ピーツービーハウス)

クラフトビールアーカイブ
忽布古丹
Linda (American IPA)

Linda (American IPA)
ブルワリー 忽布古丹 (上富良野)
ABV 7% / IBU 78
P2B Haus スタッフからの紹介コメント
澄み切った美しい液体、温かいゴールドカラーのIPA!5種類の濃縮ホップをそれぞれ別のタイミングで投入し、柑橘や松の樹脂、トロピカルフルーツのようなフレーバーが重なり合います。クリーンな飲み口で、度数の割にはサッパリと飲み進められます!
シェア:X

P2B Haus で飲めたとき

ブルワリーからのビールの紹介コメント

シンプルながらインパクトのある美しいIPAを目指しました。 濾過したビールと遜色がないくらい美しく、液色は裸電球のように温かい。苦味付けで麦汁に投入するビタリングホップから、フレーバーをダイレクトに付けるために発酵が終わるタイミングで後入れするドライホッピングに至るまで、すべてのホップを濃縮ホップで賄いました。 濃縮したホップは、ホップの葉の部分が半分近く除去されているため、ホップ由来のポリフェノールなどの成分が少なく、よりクリーンで、強いフレーバーを得ることができます。従来のホップよりも歩留まりも少なく、近年では多くのブルワリーで使用されている近代的なホップの濃縮加工品です。 使用した5種類のホップは、それぞれの適材適所を理解し、それぞれ別のタイミングで登用しました。複雑に重なり合うフレーバーにより、使用したホップの特定は不可能でしょう。そもそも原材料の特定なんてしなくてもいいんです。 ただし、味わいが渋滞しているわけではなく、シトラスビター、松脂のような樹木のエッジ、パイナップルのような南国果実の主張が支配的で、それ以上でもそれ以下でもない。糖類を使用していることは、後ろめたい理由ではなく、旨味が過多にならないためのバランス調整であり、ビールをスッキリさせる効果を期待して使っています。 さらに、発酵後にビールに残る甘味は当社の平均的なIPAの半分近くまで軽量化させたため、アルコール度数の割にはスッキリ、サッパリと飲み進められると思います。 狙い通りに澄み切った美しさと、ホップの剥き出しのフレーバーやビター感が楽しめるのに、何よりもやさしいAmerican IPAとなりました。
「本日のクラフトビール」に戻る
© 2020 / P2B Haus Kichijoji (ピーツービーハウス)
プライバシーポリシー