吉祥寺のクラフトビールならP2B Haus (ピーツービーハウス)

吉祥寺のクラフトビールならP2B Haus (ピーツービーハウス)

クラフトビールアーカイブ
LIBUSHI BASHAMICHI
Grains and Grapes (Brut Ale w/ Grape Pomace)

Grains and Grapes (Brut Ale w/ Grape Pomace)
ブルワリー LIBUSHI BASHAMICHI (馬車道)
ABV 4.5%
P2B Haus スタッフからの紹介コメント
ワインに使われる葡萄の搾りかすを使ったエール。グラスを近づけると爽やかなでスッキリとした葡萄の香りが感じられます。口にすればフルーティなフレーバーに果皮のやや渋い味わいとドライでキレキレの飲みごたえがあり、ドリンカブルな一杯です!
シェア:X

P2B Haus で飲めたとき

ブルワリーからのビールの紹介コメント

ご近所のREOV Brewingさんとのコラボレーションをし、兎田ワイナリーさんのワイン醸造で生まれるブドウの搾りかす(Grape Pomace)を使用したブリュットエールです! 醸造長Macと、Revoさんの醸造長はお互いにポートランドで旅行し、ビールを飲み合だだことのある程の仲でした。偶然にも私たちは歩いてすぐの距離でお互いにヘッドブルワーとしてビールを今つくっていて、いつかコラボレーションビールをつくりたい!という悲願が叶い、今回のビールは生まれました。 お互いに同じモルトレシピで、違うスタイルをつくったら面白いよね、という話から始まり 何か副原料を使ってもいいね、ということに。 そこで思い浮かんだのは、同じくご近所である横浜ビールさんの元醸造長であり、現在ご実家の家業である兎田ワイナリーさんで働く深田さん。 彼は今、ワインをつくっていて、そのワインを作る際に出てしまうブドウの搾りかすは、実はまだエキスが結構残っていて ブドウ由来の甘味や風味がたくさん残っていました。 そこで、私たちはそのブドウの絞りかすを使って今回のコラボレーションビールを仕込むことにしました! 私たちはブリュットエール、彼らはサワーエールを仕込みました。 そして出来上がった今回のビール。 限りなくドライで低アル、そして程よいフルーティーさでゴクゴク飲めてしまうブリュットエールに仕上がりました! 朝から飲めてしまうほどドリンカブルなこの一杯、是非皆様に飲んでほしいビールとなりました。
「本日のクラフトビール」に戻る
© 2020 / P2B Haus Kichijoji (ピーツービーハウス)
プライバシーポリシー